最新音楽配信サービスを学ぼう!

Music Unlimited

定額音楽配信サービス比較

一定の料金を支払えば聴き放題になる定額音楽配信サービスが、世界的に活気を帯びてきています。海外ではすでに多数のサービスが提供されていて、中でも「Spotify」や「Pandora」などのメジャーどころは数百万人から数千万人規模のユーザーを集めているほど。Googleも「Google Play Music All Access」として、アメリカやオーストラリアなどで同様のサービスを開始したばかりです。一方、国内で現在利用できる主要な定額音楽配信サービスには、ソニーの「Music Unlimited」、レコチョクの「レコチョク Best」、KDDIの「KKBOX」などがあります。他にも多くのサービスがありますが、レコチョクが音源提供などでサービスに関わっているものが主流です。例えば、NTTぷららの「ひかりTVミュージック」などは、「レコチョク Best」とほぼ同一の音源を使用しているようです。いずれのサービスも収録楽曲数は膨大で、かつ料金も月額1,000円程度。サービス開始当初のように料金が割高に感じられたり、音質が良くない、といったような状況は改善されつつあるようです。しかしながら、前述の「Spotify」の日本市場参入が噂されていることもあり、今後音楽配信サービス会社の間で激しい競争が繰り広げられることになるのは間違いないでしょう。今回は定額音楽配信サービスを使いながら、特徴や違いをまとめてみました。

携帯で音楽を聴いてみる件

Music Unlimited

音楽が好きなら迷わず、さらに日頃からガジェットを使いこなしてる人なら絶対に試しておきたいサービスがソニーの定額制音楽サービス「Music Unlimited(ミュージック・アンリミテッド)」。「Music Unlimited」は、インターネット接続が前提のクラウド型音楽ストリーミングサービス。よくサブスクリプション型なんて呼ばれる定額音楽配信サービスです。ソニーが提供する「Music Unlimited」は、1,500万曲以上という収録楽曲の多さが最大の魅力。対応機器・プラットフォームは、iOS端末、Androidスマートフォン・タブレット、Android搭載ウォークマン、Windows PCやMacOSのWebブラウザ、PlayStation 3、PlayStation Vitaのほか、ソニーのテレビ「BRAVIA」やBlu-ray Discプレーヤー、その他AV機器など多彩です。

Music Unlimited/ラインナップ

Music Unlimited/の楽曲のラインナップは、ソニーミュージックだけでなく、EMI、ユニバーサル、ワーナーなども含む全世界の1300万曲以上(2013年1月現在)。これがぜんぶ聴き放題。大事なのでもういちど、ぜんぶ聴き放題です。さらにうれしいのは、AndroidやiPhoneなどのスマホはもちろん、Android対応のタブレット、PC/Mac、PlayStationR3やPlayStationRVita、ソニーの液晶テレビ「ブラビア」やブルーレイディスクプレイヤーなど、ネットワークに繋がるいろんなガジェットで使えることです。そしてこれまで1480円/30日間だった料金は、3月から新価格の980円/30日間に。1000円切りました!しかも今なら30日間無料体験キャンペーンが実施中です。正直ここまで本気なサブスクリプション型のクラウド音楽配信サービスが、国内で始まっているなんて知りませんでした。試してみたのですが、この「Music Unlimited」、音楽好きなら絶対に試してみるべきですよ。キーワード検索でアーティストや曲を探すことも出来ますが、新着や人気の高い曲、“チャンネル”での特集など、「Music Unlimited」がおすすめするものを聴いていくのが基本的な使い方になります。洋楽のラインアップが中心ではあるものの、邦楽も徐々に増えてきているようで、ソニーミュージックからリリースされている楽曲については一部独占的に収録しているものもあります。

Music Unlimited/デメリット

ところが、ソニーミュージック所属アーティストであっても他レーベルからリリースされている曲の場合、「レコチョク Best」などの他のサービスでは聴けても「Music Unlimited」には収録されていないというパターンも多くあります。このあたりは一長一短といったところでしょうか。いずれにしても、今のところコンテンツは邦楽よりも洋楽がメインであることを念頭に置いておいたほうが良さそうです。

Music Unlimited/マイライブラリーの管理

オフィス内でPCが手元にあるときは、もちろんそのPCでも「Music Unlimited」にログインできます。PCで使うときは一覧性の高いUIでの表示になるのがいいところ。1300万曲の中から自分のお気に入りの楽曲だけを集めたマイライブラリーを作るのに便利です。楽曲をマイライブラリーに登録すれば、ローカルの音楽管理アプリを使うときと同じ感覚で管理ができます。リスト表示でアーティスト、アルバム、ジャンルなどでソートができ、お気に入りの楽曲はマイライブラリーに登録しておけば、すぐにログインできてすぐ聴くことができますよ。好きなアーティストのアルバムはとりあえず全部マイライブラリーに登録しておくのもありですね。そこからさらにお気に入りの曲だけを集めたプレイリストを作るのも楽しいですよ。くれぐれも夢中になりすぎて仕事がおろそかにならないようにしてくださいね。

音楽配信についてもっと知りたい件

Music Unlimited/ストリーミング再生

ストリーミング再生時の配信フォーマットはHE-AAC 48kbpsの“通常モード”と、AAC 320kbpsの“高音質モード”から選択できます。2013年1月にPC向けから高音質対応が始まり、現在はiOSとAndroidでも高音質で聴けるようになりました。無線LAN(Wi-Fi)に限らずモバイルネットワークでも“高音質モード”を利用可能です。当然ながら通信量はその分増えるため、パケット通信の料金プランには注意しましょう。モバイルアプリでは、通信できない場所でも曲を聴くことができる“オフラインモード”も用意されていて、最大4,000曲まで保管しておけます。ただし、探した曲をあらかじめオフライン用のプレイリストに手作業で登録しておく必要があること、再生ビットレートが必ず48kbpsになってしまうこと、オフライン再生が可能な機器が3台までに制限されること、といった点がデメリットと感じる人もいるかもしれません。

Music Unlimited/利用料金

利用料金は2012年のサービス開始当初は30日間1,480円でしたが、2013年3月1日以降から980円に値下げされ、他のサービスと料金上の差はほとんどなくなりました。加入後の30日間は無料で利用できますが、Sony Entertainment Network(SEN)への加入が必要で、さらにクレジットカードを登録しないと30秒間のみの視聴しかできないので要注意。支払いはSENの“ウォレット”から行ない、“ウォレット”に必要な金額がチャージされていない場合はクレジットカードから自動チャージされます。

Music Unlimited/プレーヤー機能

プレーヤーとしての機能はシンプルで、音質を調整するような機能はほとんどありません。音楽を見つけて再生することのみに的を絞った内容になっていて、未知の曲やアーティストに出会って純粋に音楽を楽しみたい、というユーザーに向いていると言えます。多数の機器・プラットフォームに対応していることから、外出時はスマートフォンで、仕事中はPCで、帰宅した後はゲーム機で、といったように、シチュエーションに合わせてプレイリストを同期しながら利用できるのがうれしいところです。なお、モバイルアプリでも、PCでも、SNSとの連携機能は大きく打ち出してはいません。正確に言えば、Androidアプリのみ共有機能を用いて他のアプリと連携できるため、聴いている曲の情報をツイートしたりは出来ますが、他のユーザーにとってあまり意味のある投稿にならないのが残念な点といえます。

最新音楽配信サービスを学ぼう!

最新音楽配信サービス

音楽配信豆知識
日高市・日高市 不動産情報は田中住販があなたと一緒にお探しします♪