最新音楽配信サービスを学ぼう!

レコチョク Best

レコチョク

レコチョクは、1曲ごとの個別課金となる「音楽ダウンロードサイト レコチョク」というサービスを運営していますが、定額制サービスは「レコチョク Best」という名称で提供しています。収録数は100万曲以上、対応機器・プラットフォームはAndroid端末とiOS端末のみで、スマートフォン・タブレット専用のサービスとなっています。Music Unlimitedと同様に曲はキーワード検索したり、“アーティストBest”、“テーマ別Best”といったレコチョクおすすめのものから探して聴くことができるほか、ジャンル別やアーティスト別の一覧から探していくこともできるので、お気に入りのアーティストがいるのであれば最もとっつきやすく使い勝手の良い音楽配信サービスと思われます。おすすめしている曲も邦楽を中心に、洋楽やK-POP、季節の特集など幅広い音楽情報サイトです。

携帯で音楽を聴いてみる件

レコチョク/特徴

月額登録不要の着うた・着うたフルサイトとして最大手であり、初めて着うたサービスを開始した音楽配信サイトでもあります。着うたフル等の携帯電話向け音楽配信のほかCD・DVDの販売や、電子書籍等のデジタルコンテンツの配信も行っています。音楽配信フォーマットはAAC 128kbpsと320kbps。320kbpsで聴くにはWi-Fi接続が必須となり、モバイルネットワーク下では128kbpsで受信することになります。とはいえ、外出時の喧騒の中で聴く分には、320kbpsと128kbpsの違いが気になることはほとんどないでしょう。

レコチョク/機能

電波の届かない時などにオフラインで聴けるよう“キャッシュ”機能が備えられています。一度再生した曲は自動でキャッシュに蓄えられていく仕組みになっていて、最大8GBまで端末のストレージやSDカードに保管できます。ユーザーが手動で曲をキャッシュすることもでき、その場合、1曲ずつはもちろんのこと、アルバムごとキャッシュさせることも可能。気に入ったアーティストのアルバムはとりあえず全部キャッシュしておいて後でゆっくり聴く、という使い方も簡単です。オフラインでも320kbpsのまま聴けるのはありがたいです。

レコチョク/価格

ユーザー登録後14日間は無料で体験でき、その後の利用料金は980円/月。無料体験期間中にクレジットカード、ドコモSPモード決済、auかんたん決済のいずれかで支払った場合は無料体験期間が1カ月に延長されます。ただしiOSアプリのアプリ内課金で決済した場合は1,000円/月となり、1カ月間の無料体験期間が付与されません。また、Androidアプリのアプリ内課金(Google Wallet)で決済した場合は980円/月になるものの、こちらも1カ月間の無料体験期間は付与されません。

レコチョク/SNSとの連携機能

アカウントを登録しておけば、Twitter、Facebook、mixiに現在聴いている曲の情報を投稿可能です。再生中に曲の歌詞を表示できるだけでなく、作詞・作曲者までわかるのは意外に嬉しいですよね。さらに、iOSであればiTunesで管理している曲、Androidであれば端末内に入っている曲も本アプリで再生でき、汎用的なメディアプレーヤーとしても活用出来ます。絶対的な曲数はMusic Unlimitedに劣るものの、邦楽の収録数は感覚的には「レコチョク Best」の方が多く、ジャンルやアーティストの一覧から探せるという使い勝手からも、好きなアーティストの曲を集中的に聴きたい人にはぴったりのサービスと言えそうです。

レコチョク/沿革

  • 2001年7月3日、「レーベルモバイル株式会社」(LABEL MOBILE INC.)として設立。当初の出資企業はエイベックス ネットワーク(現在は合併してエイベックス・マーケティング)・ソニー・ミュージックエンタテインメント・ビクターエンタテインメントの3社。
  • 2002年12月、「レコード会社直営」の名称でau(KDDI/沖縄セルラー電話連合)向けに着うたの配信スタート。
  • 2004年11月、「レコード会社直営フル」の名称でau(KDDI/沖縄セルラー電話連合)向けに着うたフルの配信をスタート。
  • 2008年10月31日、着うた、着うたフルの累計有料ダウンロード数が10億ダウンロードを突破。有料ダウンロード数が10億を超えるのは世界初の記録を樹立することになるのだった。
  • 2008年12月25日、「レコード会社直営フルプラス」の名称でau(KDDI/沖縄セルラー電話連合)向け専用に着うたフルプラスの配信を始める。
  • 2009年1月15日、CD・DVD通販サイト「レコチョク shopping」を開設。
  • 2009年2月1日、社名を「株式会社レコチョク」に変更。
  • 2010年4月1日、スマートフォン「Android」向けに音楽配信サービス「レコチョクアプリ」がスタート。
  • 2011年11月18日、ドコモのandroid搭載スマートフォン向けに「dマーケットMUSICストア powered by レコチョク」を提供開始。
  • 2012年4月25日、KDDIと沖縄セルラーのandroid搭載スマートフォン向けに「LISMO Store powered by レコチョク」を提供開始。
  • 2012年11月12日、全曲DRMフリー、320Kbpsによる配信をAndroidやiPhone(iOS)だけでなく、PCでも提供開始。
  • 2012年12月3日、ニンテンドー3DS/3DS LL向けに音楽配信サービス「レコチョクアプリ ニンテンドー3DS」を提供開始。
音楽配信についてもっと知りたい件

レコチョク/現在の参加会社

  • アップフロントワークス
  • EMIミュージック・ジャパン(現・ユニバーサルミュージック「EMI Records Japan」レーベル)
  • ウェブクウ
  • エイベックス・マーケティング
  • キングレコード
  • ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • ジャニーズ・エンタテイメント
  • ジェイ・ストーム
  • ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • TNX
  • テイチクエンタテインメント
  • トイズファクトリー
  • 徳間ジャパンコミュニケーションズ
  • ドリーミュージック
  • 日本クラウン
  • 日本コロムビア
  • BounDEE by SSNW
  • バップ
  • ビーイング
  • ビクターエンタテインメント
  • ブルース・インターアクションズ
  • フォーライフミュージックエンタテイメント
  • ポニーキャニオン
  • ポリスター
  • ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • ユニバーサルミュージック
  • よしもとアール・アンド・シー
  • ロードランナー・ジャパン
  • ワーナーミュージック・ジャパン
  • A-Sketch 他

最新音楽配信サービスを学ぼう!

最新音楽配信サービス

音楽配信豆知識